実力派バリスタ学校の選び方を知る|コーヒーの基礎から学ぶ

勉強する人

気になる学費

調理中

将来の夢を実現する為には、カフェ専門のスクールに通うこともあります。カフェで働くバリスタやパティシエは、特別な資格として調理師免許があれば誰でもなりやすいものだとされていますが、カフェメニューに関する、特別な技術や知識を備えていなければ最高のフードとドリンクをお客様に提供できないでしょう。カフェのスクールでは、複数の学科に分かれ、自分が希望する分野の知識を養うことができます。カフェであれば、メインとなるものとしてコーヒーがあります。コーヒーの作り方からセンス高いPOP、食器、店内の内装に関するものをスクールでしっかりと学べます。

スクールでは、カフェの現場に立っていた講師や、世界的にも有名なバリスタの資格を取得している講師から直接学ぶことができます。そういった人達の技術を目のあたりにすることで、確かな実力を備えることが望めるでしょう。カフェスクールでは、生徒の実力向上を狙って多数の工夫がされている為、その学費は割高だとされています。通う期間は、1年制と2年制から選べるようにしているところもあり、それぞれ1年間で約200万円近くの学費が掛かります。学費とは別に、寮を利用する生徒は寮の宿泊費も加算されるでしょう。入学金や教材費も考慮して予算を立て、自分の希望条件を満たすスクールを見つけることです。

スクールの中には、学費ローンを利用できるところもあるので、現金での支払いが難しい場合、ローンを利用するといいでしょう。また、優秀な生徒にはサポート体制が備えられているので、学費が半額や免除になるケースもあります。財布に優しくスクールに通うのであれば、そういった特別支援を行っているところを探しましょう。